借金を減額して支払う方法

天秤

マイホームを残す

借金を減額あるいは支払方法を、債務者が支払えるようにおこなわれる手続きを指して債務整理ということはご存知でしょうか。その債務整理の一つが個人再生という方法で、自分の資産であるマイホームを手放さくても済むということもあり手続きをする債務者も増えています。同じ債務整理の一つである自己破産の場合は、裁判所に認められたら借金の全てが返済免除の対象となりますが、マイホームは手放さなければいけません。どちらも書類作成と裁判所へ手続きする必要があるので、専門的な知識とスキルを持った弁護士に相談することになります。多重債務者にありがちですが、色々な会社から借金をすると全体の額が把握しきれないという状況に陥ってしまうことがあるのです。これらの借金の全てを把握することで、債務者は再生計画を立てやすくなり弁護士がベストな支払方法を提案してくれます。弁護士が個人再生の手続きを進めてくれれば、借金は原則として全体の5分の1にまで減らすことが可能なのです。この方法を使えば債権者の取り立てに悩まされることはなくなりますが、借金は減額されても支払い義務は残っているので毎月返済することになります。決められた一定期間に支払うことが求められる個人再生は、毎月入ってくる収入が決まっている給与所得者には支払いやすい債務整理といえるでしょう。どんな方法を使うかを判断するのは債務者自身ですが、確かな知識とスキルを持っている弁護士に相談するのが賢明です。個人再生にもメリットとデメリットがありますが、長期返済した後にはマイホームを残せます。

Copyright© 2018 個人再生は弁護士にお任せ【借金を大幅に減額できる制度】 All Rights Reserved.